MIND

日常では、頭を使って考えないといけないことがたくさん。

今日のごはんは何を食べよう?
次のお休みはなにをするんだっけ?
なにか忘れ物はないかな?

思考がバラバラと歩いた跡に散らばってる。

過分な思考は、エゴや執着からやってくるもの。
それらを手放すと、与えられるものに身をゆだねられるようになる。

ゆだねられると、楽に生きられる。

不安がそれを否定して、それはやがて心のゆがみになる。

クラスではアーユルヴェーダやヨガ哲学を通して、エゴや執着を手放せるマインドを学びます。

アーユルヴェーダを学びたての頃、私はヨガの八支則のひとつ「アヒムサー」と言う言葉に興味を持ちました。それは「非暴力」。

すべての命を敬い、ものを大切に扱う。そして、自分自身も。

中でも自分に対する非暴力は、とても難しいことでした。自分の意思を尊重しないで、「○○だから」「でも…」「〜するべき」なんて思考が多くて、何度もハッと気付かされました。

今は、本を読んだり、動画を観ることで簡単にヨガ哲学も知ることができます。
だけど、本当の学びはこうして時間をかけて自分のものにするということ。

輝きを曇らせているものを見つめるプラクティスをつづけよう。

BODY← →SPIRIT