ヴェーダな暮らし

アーユルヴェーダでは太陽と共に目覚め、寝ている間に出てきた毒を洗い流すところから始まります。
それはどこか、昔からある日本の暮らしにも結びつくような、懐かしい感覚かもしれません。

からだに必要以上のものは摂らず、適切な量を知る。
ひとつひとつのいのちを大切にし、丁寧に扱う。
自分の持っているこだわりを手放して、今あるものに感謝する。

そしてそのすべては、自分を慈しむことにつながる。

日が沈んだら、今日いちにちに感謝をしながらベッドに入る。

Om Saha Nau-Avatu
Saha Nau Bhunaktu
Saha Viiryam Karavaavahai
Tejasvi Nau-Adhiitam-Astu Maa Vidvissaavahai
Om Shaantih Shaantih Shaantih

→自分を癒すこと