瞑想をする

もし、あなたが瞑想の世界に入りたいと思うなら、その入り口は少しプラクティスが必要なことかも知れません。

目を閉じて、呼吸を整える。
からだに感じる感覚を否定しないで、素直に受け入れる。

自分の持つエネルギーを感じる。
それはどんな感じ?

瞑想は無重力。

感じることはみんな違う。
素直に心を開くことが、瞑想の扉を開く鍵になる。

祈りは美しい。
今日も、祈るように歌い、祈るように奏で、祈るように伝える。

ひとつひとつの言葉を、音を、大切に扱う。

Gururbrahmā Gururviṣṇuḥ
Gururdevo Maheśvaraḥ
Gurussākṣāt Paraṁ Brahma

Tasmai Srī Gurave Namaḥ

からだを動かす←